本文へジャンプします。

  • サイトマップ
  • ご意見・お問い合わせ
  • 携帯サイト

ズームサイト

  • ホーム
  • 市民・くらし
  • 観光
  • 産業・事業
  • 市政情報
  • 組織から探す
  • よくある質問
  • 電話番号一覧

ここから本文です。

最終更新日:2018年10月2日

道路について(道路河川課・監理課)

Q 道路との境界を確認したい。
A 市が管理する道路、河川及び法定外公共物などとの境界を確認したい場合、境界確認申請をして頂く必要があります。その際に必要となる費用は申請者のご負担となります。
専門的な知識や技術を必要としますので、土地家屋調査士などに業務を依頼されることが一般的です。
Q 市道名を教えて欲しい。(光市が認定している市道であるか教えて欲しい)
A 監理課管理係までお問い合わせください。
電話でお問い合わせの場合、口頭だけでは場所の特定が困難な場合がありますので、場所の分かる位置図をFAXして頂くと確実な対応が可能となります。
※建築基準法上の道路は、都市政策課開発指導係にお問い合わせください。
Q 歩道の縁石を撤去したい。(車が出入り出来るよう歩道を加工したい)
A 撤去箇所の現況や構造など、複数の要因によって撤去の可否の判断となりますので、詳しくは監理課管理係までご相談ください。
撤去可能な場合は、道路工事施行承認申請をして頂く必要があります。
なお、撤去・復旧などに要する費用は申請者のご負担となります。
Q 土地(道路残地や法定外公共物)を払下げ(売却)してほしい。
A 土地の経緯・現況・周辺状況・関係者同意の有無など、総合的に検討して払下げの可否を判断しますので、事前に監理課管理係までご相談ください。
撤去可能な場合は、用途廃止申請、払下申請をして頂く必要があります。
なお、土地の代金の他に、払下げに要する測量・登記などの諸費用も申請者のご負担となります。
Q 市道沿いの草刈をしてほしい。
A 道路河川課では、車や歩行者の通行に支障がある場合に限り、路肩から1.5mの範囲の草刈を行っています。該当箇所の状況次第での対応となりますので、道路河川課道路維持係までご相談ください。
その他の市道の草刈につきましては、市民の皆様のご協力をお願いします。
Q 市道に木が覆いかぶさっているので伐採してほしい。
A 現地を確認した上での対応となりますので、道路河川課道路維持係までご相談ください。
市道を覆っている木でも、道路敷ではない個人地に植生している場合、伐採する際に所有者の了承が必要となります。ただし、危険性が高く緊急を要する場合了解なしに伐採することもあります。
Q 法定外公共物(赤線、里道、青線、水路など)の維持管理をしてほしい。
A 法定外公共物は地域生活に密着した公共物であるため、維持管理は利用者(地元、自治会)の方にお願いしています。
Q 法定外公共物(赤線、里道、青線、水路など)の維持補修を行うので、資材を支給してほしい。
A 資材支給申請をして頂く必要があります。
前述のとおり、法定外公共物は利用者である地元の方々に維持管理をお願いしているので、自治会単位での支給を行っています。特定の個人の方に資材支給をすることはできません。
なお、上限額は年10万円です。
Q 側溝に蓋をかけてほしい。
A 市道に隣接する土地の利用形態が変わる(宅地化など)ことに起因して蓋が必要になった場合は、ご自身(利用される方)で蓋を設置して頂くことになります。側溝蓋は1枚単位で購入できますので、道路河川課道路維持係までお問い合わせください。
なお、既に蓋が設置してある箇所で蓋が破損や劣化した場合には、道路河川課道路維持係にて蓋の復旧を行います。
Q 大雨で道路の路肩が崩れている。なんとかしてほしい。
(その他に、道路上法面のがけ崩れ、河川の護岸の崩壊などがあります)
A 道路河川課へご一報ください。
危険ですので、崩れた箇所には近づかない様にしてください。
なお、災害の規模により原形復旧までには時間を要する場合があります。
Q 大雨により道路に水が溜まり、宅地へ水が入ってくるため、土のうがほしい。
A 大雨による道路、河川から宅地への水の侵入を防ぐ場合は、土のう袋を支給いたしますので、道路河川課へお越しください。袋へ詰める土砂がない場合は、指定した場所にある土砂を詰めていただくことも可能です。土のう作成用のスコップは現地に備え付けてあります。なお、数に限りがありますので、必要な方は電話で相談していただいてから取りに来てください。
また、地域として広範囲に浸水対策をされたい場合は、自治会単位で資材支給制度の限度内において支給することも可能ですので、道路河川課へ事前にご相談ください。
Q 使用後の土のうを回収・処分してほしい。
A 本市では、既に支給した土のうの回収や処分は行っておりません。
次回の風水害に備えるため、ご家庭において保管していただき、また、不要になった土のうにつきましては、各自で処分をお願いいたします。
Q 道路(市道)を拡げてほしい。 
A 道路河川課へご相談ください。
現地を確認し、技術面の検討と費用対効果の算出を行った上で判断させていただきますが、市内には約350kmの市道があり、これらを限られた予算の中で整備を行っておりますので、拡幅整備等には期間を要することもあります。

お問い合わせ先

建設部道路河川課  
住所:光市中央六丁目1番1号
電話番号:0833-72-1543(施設係)、1544(道路維持係)  
メールアドレス:douro@city.hikari.lg.jp

建設部監理課  
住所:光市中央六丁目1番1号
電話番号:0833-72-1534(監理係)、1541(用地係)  
メールアドレス:kanri@city.hikari.lg.jp