本文へジャンプします。

  • サイトマップ
  • ご意見・お問い合わせ
  • 携帯サイト

ズームサイト

  • ホーム
  • 市民・くらし
  • 観光
  • 産業・事業
  • 市政情報
  • 組織から探す
  • よくある質問
  • 電話番号一覧

ここから本文です。

最終更新日:2012年1月26日

犬について(環境政策課)

Q 犬を飼いはじめたのですが、何か手続きが必要ですか。
A 狂犬病予防法第4条により、犬の所有者は犬を取得した日(生後90日以内の犬を取得した場合にあっては、生後90日を経過した日)から30日以内に、犬の登録をしなければなりません。登録は生涯1回のみで、登録手数料は3,000円です。 環境政策課にて随時受け付けています。
Q 犬を飼い始めたら、予防注射等は必要ですか。
A 狂犬病予防法第5条により、犬の所有者は、狂犬病予防注射を毎年1回受けさせることが義務づけられています。毎年4月に市内各地域で行われる集合注射の時か、動物病院でも受けることができます。ただし、市外の動物病院で接種した場合は、環境政策課まで届出が必要となります。
Q 飼い犬・猫が、飼えなくなった場合は、どうすればよいですか。
A やむを得ない事情により飼えなくなった場合は、市又は周南健康福祉センターにおいて、有料により引取りをしています。以下引取手数料
 生後90日を超える犬、猫    1頭(匹)につき2,000円
 生後90日以内の子犬、子猫  1頭(匹)につき 400円
くれぐれもペットの遺棄等はされないようにお願いします。
Q 飼い犬・猫が行方不明になった場合は、どうすればよいですか。
A 環境政策課及び周南健康福祉センター、光警察署へ届け出をお願いします。
Q 飼い犬が亡くなった場合、届出等は必要ですか。
A 市に登録されている飼い犬の情報を抹消する必要があります。環境政策課に届出及び鑑札の返還をお願いします。
Q 飼い犬を人から譲り受けたり、住所が変更になった場合は、どうすればよいですか。
A 環境政策課まで印鑑と鑑札を持参のうえ、変更の手続きをしてください。
届出がないと異動元の市町村に通知ができません。
Q もしも飼い犬が他人を噛んでしまったら、どうすればよいですか。
A すぐに周南環境保健センター(℡0834-33-6426)及び環境政策課まで連絡をお願いします。
Q 犬のふんで困っています。どうすればよいですか。
A 犬のふん害防止の啓発看板がありますので、環境政策課までご連絡ください。
Q 近所で犬の放し飼いで困っています。どうすればよいですか。
A 狂犬病予防法及び山口県飼犬等取締条例により、犬の放し飼いは禁止されています。放し飼いを見かけた場合は、環境政策課までご連絡をお願いします。
Q 近所に野犬が徘徊しています。捕獲してほしいのですが。
A 市では犬を捕獲するための捕獲檻の貸し出しを行っています。貸し出し希望の方は設置する檻の管理、周辺住民への周知等についてお願いすることとなります。

お問い合わせ先

環境部環境政策課  
住所:光市中央六丁目1番1号
電話番号:0833-72-1465(環境政策係)、1466(環境保全係)  
メールアドレス:kankyouseisaku@city.hikari.lg.jp