本文へジャンプします。

  • サイトマップ
  • ご意見・お問い合わせ
  • 携帯サイト

ズームサイト

  • ホーム
  • 市民・くらし
  • 観光
  • 産業・事業
  • 市政情報
  • 組織から探す
  • よくある質問
  • 電話番号一覧

ここから本文です。

最終更新日:2016年10月5日

子育て支援について(子ども家庭課)

Q
 子育て支援の情報が集まった冊子やパンフレットはありますか?
A  光市子育てハッピーマガジン「チャイベビ」があります。詳しくはこちら
Q
 子どもが生まれました。どのような手続きが必要ですか?
A

 ・児童手当について

 ・乳幼児医療費助成制度について

 ・子ども医療費助成制度について

 ・児童扶養手当について

 ・ひとり親家庭医療費助成制度について

Q
 子どもが保育園や幼稚園に入るにはどのような手続きが必要ですか?
A

申し込みが必要です。必要な書類など詳しくはこちら

 ・保育料について

 ・入所・継続手続きの質問について

Q
 子どもが病気になり、集団(保育園、幼稚園、小学校など)での生活が難しい状況です。一時的に預ける場所はありますか?
A  ・病児保育について
Q
 親(保護者等)の都合により家庭での保育ができません。一時的に預ける場所はありますか?
A

一時預かり(市内保育園)について

ファミリー・サポート・センターについて

 Q  
 親(保護者等)が入院することになり、夜間は子どもだけになってしまいます。一時的に預ける場所はありますか?
A  ・子育て短期支援について
Q
 周りの子と比べて落ち着きがない気がします。子どもの発達について相談したいです。
A

子ども相談センター きゅっとで相談できます(0833-74-5910)。保健師、保育士、社会福祉士などの資格を持った相談員が随時対応します。

・【就学前】 健康増進課による相談等(育児相談など)

・【就学後(小・中学校)】 教育委員会学校教育課 (0833-74-3602) 

Q
 思春期の子どもとのかかわり方で悩んでいます。相談できる場所はありますか?
A 子ども相談センター きゅっとで相談できます(0833-74-5910)。相談員が随時対応します。
Q
 DV(配偶者等からの暴力)を受けています。どこに相談すればいいですか?
A

・配偶者等からの身体的・精神的暴力に係る相談としてDV相談窓口があります。(福祉総務課保護係0833-74-3004)

・「DVの様子を見て、子どもが怯えている」など子どもが関わるDVは、子ども相談センター きゅっとまで(0833-74-5910)。

Q
 近所から子どもの泣き声や大人の怒鳴り声がよく聞こえてきます。どうすればいいでしょうか?
A

虐待の疑いがありますので、ご相談ください。(相談された方の情報等については秘密厳守いたします。)

・(市内の相談窓口)

 子ども相談センター きゅっとまで(0833-74-5910)。詳しくはこちら。

・(市外の相談窓口)

 周南児童相談所 (0834-21-0554)

 児童相談所全国共通ダイヤル (189番)

Q
 子育てが上手くいかず、悩んでいます。相談先はありますか?
A 子ども相談センター きゅっとでお話をうかがいます(0833-74-5910)。相談員が随時対応します。
 ひとり親家庭です。どのような支援制度がありますか?
A

 ・児童扶養手当について

 ・ひとり親家庭医療費助成制度について

 ・その他のひとり親家庭の制度(母子寡婦福祉資金など)について

Q
 子育て中の親子が集まって交流できる場所はありますか?
A

・あいぱーく光内にチャイベビステーションがあります。詳しくはこちら

・子育て支援の「わ」づくりとして、市内幼稚園・保育園での園庭開放があります。詳しくはこちら(子育て支援「わ」事業)

Q
 市内の子育てイベント情報は、どこを見れば分かりますか?
A 子育て行事カレンダーがあります。詳しくはこちら(子育て行事カレンダー)
Q
  県外で医療機関を受診しました。どのような手続きが必要ですか?
A 「償還(しょうかん)払い」の手続きが必要です。その他、医療費助成に関するお問い合わせの多い質問はこちら

お問い合わせ先

福祉保健部子ども家庭課  
住所:光市光井二丁目2番1号
電話番号:0833-74-3005  
メールアドレス:kodomokatei@city.hikari.lg.jp