本文へジャンプします。

  • サイトマップ
  • ご意見・お問い合わせ
  • 携帯サイト

ズームサイト

  • ホーム
  • 市民・くらし
  • 観光
  • 産業・事業
  • 市政情報
  • 組織から探す
  • よくある質問
  • 電話番号一覧

ホーム > よくある質問 > 福祉・健康・子育てに関する質問 > 母子・成人・予防接種・救急について

ここから本文です。

最終更新日:2011年12月13日

母子・成人・予防接種・救急について(健康増進課)

Q 休日に急病になった時、どこに受診したらいいですか。
A 光市休日診療所をご利用ください。
開設日:日曜日・祝日・年末年始(12/31~1/3)・盆(8/14.15)
診療時間:9時~17時(受付時間:9時~11時30分、13時~16時30分)
電話:0833-74-1399
場所:光市光井二丁目2番1号 あいぱーく光内
Q 予防接種の予診票はどこで再発行できますか。
A あいぱーく光 健康増進課で再発行できます。必ず、母子健康手帳をお持ちのうえ、お越しください。
Q 里帰り先(県外)で光市の予防接種予診票を使って、予防接種を無料で受けられますか。
A できます。ただし、県外の医療機関で接種するには手続きが必要ですので、必ず事前に健康増進課にご連絡ください。
Q 高齢者のインフルエンザの予防接種券を紛失してしまいました。
A 平成22年度より、接種券は廃止しました。住所地・年齢の確認ができるもの(保険証等)をご持参の上、医療機関へ行ってください。
Q がん検診を受けたいのですが、市の補助はありますか?
A 子宮がん検診については20歳以上の女性に2年に1度、乳がん検診については40歳以上の女性に2年に1度受診券を郵送しています。
また、胃がん・大腸がん・肺がん検診については40歳以上の方で職場での検診の機会がない方に受診券を送っています。
転入された方や職場で受診機会のない方は健康増進課へご連絡ください。
Q がん検診の案内が届かないのですが、どうしてですか?
A 各がん検診はそれぞれ対象となる年齢があります。
また、子宮がん検診、乳がん検診以外の検診については、国民健康保険の被保険者、または各種健康保険の被扶養者にご案内をお送りしています。
ご案内が届かず、職場等で受ける機会のない方は健康増進課へご連絡ください。
Q 胃カメラ検診を受けたいのですが、市の補助はないのですか。
A 現在、市の検診はバリウム検査のみとなっております。胃カメラをご希望の場合は、医療機関に直接お問い合わせください。
Q 健康診査(身長・体重・血圧・血液検査など)を受けたいのですが、あいぱーく光から受診券が届きません。
A 40歳以上の方の健康診査は、ご加入の健康保険で行うようになっています。
国民健康保険の場合は保険年金係、後期高齢者の場合は高齢者医療係からご案内が届きますが、それ以外の方はご加入の保険にご確認ください。
Q がん検診の受診券をなくしたのですが、再発行はできますか?
A 受診券の再発行は可能です。健康増進課までご連絡ください。
直接窓口でお渡しするか、各出張所でお渡しすることが可能です。
Q がん検診は市外で受診することはできないのですか?
A 原則、市内医療機関で受診していただくようになります。ただし、無料クーポン対象者の方は市外医療機関で受診することができますので、市外医療機関での受診を希望される場合は健康増進課までご連絡ください。
Q 出前健康講座を申し込みたいのですが、どこに行ったらよいですか?
A 健康増進課の出前健康講座については、健康増進課に直接申し込むことができます。メニューについてはこちらをご参照ください。
日程調整をさせていただきます。
Q 光のあるくロードウォーキングラリーに参加したいのですが?
A 健康増進課窓口までお越しください。
登録用紙(住所・氏名・生年月日)にご記入いただきましたら、地図をお渡しいたします。
Q ひかり環境・健康ウォーキングマップはどこでもらえますか?
A 健康増進課、教育委員会、体育課、商工観光課・環境政策課、地域づくりセンター、里の厨に置いています。ご自由にお持ち帰りください。
Q 里帰り出産を考えています。妊婦一般健康診査受診票や乳児一般健康診査受診票は県外でも使用できますか?
A 光市が実施している「妊婦一般健康診査受診票」及び「乳児一般健康診査受診票」を、山口県外で使用する場合は、一旦は診査料をお支払いいただくようになります。ただし、その後(ご本人様からの)申請により、市から補助金をお支払いすることができます。補助金額には市の定めた上限があります。詳しくは、必ず受けられる前に健康増進課へお問い合わせください。
Q 1歳6か月児健診を受けそびれてしまった場合はどうしたらいいですか。
A 1歳6か月児健診の対象は満1歳6か月から2歳未満のお子さんです。2歳になる前までは健診を受けることができますので、広報や育児カレンダー等で日程を確認のうえ、必ず受けるようにしましょう。健診日に都合が悪い場合や受けそびれてしまった場合はご連絡ください。
Q 3歳児健診を受けそびれてしまった場合はどうしたらいいですか。
A 3歳児健診の対象は3歳5か月から4歳未満のお子さんです。4歳になる前までは健診を受けることができますので、広報や育児カレンダー等で日程を確認のうえ、必ず受けるようにしましょう。健診日に都合が悪い場合や受けそびれてしまった場合はご連絡ください。
Q 離乳食のすすめ方について教えてください。
A 3~4か月児の保護者対象の離乳食教室を開催しています。対象月の前月末頃に自宅へ案内を届けますのでご利用ください。
また、あいぱーく光や各地区公民館で育児相談を実施していますので、日程は広報や育児カレンダー等で確認ください。
随時、あいぱーく光で来所・電話相談も可能です。【月~金曜日(祝日除)8時30分~17時00分】
Q 母子健康手帳はどこでもらえますか。
A 健康増進課でお渡ししています。医療機関発行の妊娠届出書をご持参ください。
説明が10分程度ありますので、時間に余裕をもってお越しください。
【月~金曜日(祝日除)8時30分~17時00分】
Q 母子健康手帳は本人以外の家族がもらいにいってもいいですか。
A 届け出は、妊婦さん本人が原則となっていますが、体調不良やお仕事の都合により来
所が難しい場合は、ご家族の方でも結構です。
Q 妊娠中に光市に転入してきました。手続きは必要ですか。
A 光市で新たに妊婦健診票や赤ちゃんが生まれてからの乳児一般健康診査受診票及
び予防接種予診票綴等をお渡ししたいと思いますので、母子健康手帳をお持ちのうえ、健康増進課にお越しください。なお、母子健康手帳は前自治体で発行していただいたものを引き続きお使いいただけます。
Q 妊娠中に光市から転出する場合、手続きは必要ですか。
A 光市での手続きは特に必要ありません。
光市で発行した妊婦健診票は使用できなくなりますので、転出先の保健センターで新たに発行を受けてください。なお、母子健康手帳は光市で発行していただいたものを引き続きお使いいただけます。
Q 不妊治療費の助成を受けたいのですが。
A 一般不妊治療費助成制度、人工授精助成制度、特定不妊治療費助成制度があります。詳しくはこちらをご覧いただくか、健康増進課までお問い合わせください。
Q 妊娠・出産・育児について相談したいのですが。
A 健康増進課で随時相談(来所・電話・メール)を受け付けています。
おっぱい相談電話は子育て何でもテレフォンです。(0833)74-110をお気軽にご利用ください。【月~金曜日(祝日除)8時30分~17時00分】
Eメールでの相談も受け付けます。Eメールアドレス:kenkouzoushin@city.hikari.lg.jp
Q 赤ちゃんの身長、体重が計りたいのですが。
A 健康増進課で測定ができます。月~金曜日(祝日除)8時30分~17時00分随時受け付けています。お気軽にご利用ください。また、あいぱーく光や各地区公民館での育児相談でも行っています。日程は広報ひかりや育児カレンダー等で確認ください。
Q 3歳児健診で尿検査が再検査になってしまった(またはおむつがはずれていなくて尿が採れなかった)のですが、どうしたらいいですか。
A 後日、もう一度健康増進課へ尿をご持参ください(体調のよい日の朝一で採った尿が望ましい)。また、おむつがはずれていないお子さんはおむつがはずれてからご持参ください。
月~金曜日(祝日除)8時30分~17時15分

お問い合わせ先

福祉保健部健康増進課  
住所:光市光井二丁目2番1号
電話番号:0833-74-3007  
メールアドレス:kenkouzoushin@city.hikari.lg.jp