本文へジャンプします。

  • サイトマップ
  • ご意見・お問い合わせ
  • 携帯サイト

ズームサイト

  • ホーム
  • 市民・くらし
  • 観光
  • 産業・事業
  • 市政情報
  • 組織から探す
  • よくある質問
  • 電話番号一覧

ホーム > 市民・くらし > 国民健康保険・年金 > 後期高齢者医療保険入院時の食事代等

ここから本文です。

最終更新日:2017年10月1日

後期高齢者医療保険入院時の食事代等

医療機関に入院された場合には

 医療機関に入院された方については、療養病床以外の場合は、食費として1食ごとに標準負担額を負担していただきます。

区    分 所得区分 1食当たり
1.現役並み所得者(住民税課税所得145万円以上、かつ、収入が高齢者複数世帯520万円以上、高齢者単身世帯383万円以上) 現役並み
所得者
360円※1
2.一般の方 一 般
3.住民税非課税の世帯に属する方
(4 以外の方)
90日までの入院 低所得Ⅱ 210円
過去12か月に「低所得者Ⅱ」の減額認定証を交付された期間の入院日数が91日以上(長期該当)※2 160円
4.3 のうち、年金受給額80万円以下等の方、または、老齢福祉年金受給者 低所得Ⅰ 100円

3 及び4 に該当される方は、『限度額適用・標準負担額減額認定証』を入院の際に医療機関に提示することにより、1食当たりの食費が上の表の金額に減額されます。

認定証が必要な方は、『限度額適用・標準負担額減額認定申請書』により、市役所・支所・出張所に申請してください。申請により、申請月の初日に遡って標準負担額の減額が適用されます。

※1 平成28年度4月1日の時点で、既に1年を超えて精神病床に入院している方や指定難病患者は、260円となります。

※2 過去12か月に「低所得者Ⅱ」の減額認定証を交付された期間(後期高齢者医療制度加入前の保険で交付を受けていた期間を含む)の入院日数が91日以上(長期該当)の場合は、再申請をすることにより、再申請日から1食当たりの標準負担額が160円になります。入院日数の分かる書類(請求書・領収書等)をご持参ください。 

 

療養病床の場合は、食費及び居住費に関する負担として、食費については1食ごとに、居住費については1日ごとに、標準負担額を負担していただきます。

◇平成29年10月診療分から

区    分  金    額 
1.現役並み所得者(課税所得145万円以上、かつ、収入が高齢者複数世帯520万円以上、単身世帯383万円以上) 食    費 1食につき460円※3
居住費 1日につき370円
2.一般の方
3.市町村民税非課税の世帯に属する方等(4、5以外の方) 食    費 1食につき210円
居住費 1日につき370円
4. 3のうち、年金受給額80万円以下等の方(5以外の方) 食    費 1食につき130円
居住費 1日につき370円
5. 3のうち、老齢福祉年金を受給している方 食    費 1食につき100円
居住費 1日につき    0円

※3 一部の医療機関では420円の場合もあります。

 

◇平成29年9月診療分まで

区    分  金    額 
1.現役並み所得者(課税所得145万円以上、かつ、収入が高齢者複数世帯520万円以上、単身世帯383万円以上) 食    費 1食につき460円※3
居住費 1日につき320円
2.一般の方
3.市町村民税非課税の世帯に属する方等(4、5以外の方) 食    費 1食につき210円
居住費 1日につき320円
4. 3のうち、年金受給額80万円以下等の方(5以外の方) 食    費 1食につき130円
居住費 1日につき320円
5. 3のうち、老齢福祉年金を受給している方 食    費 1食につき100円
居住費 1日につき    0円
※3 一部の医療機関では420円の場合もあります。

 

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ先

市民部市民課年金・高齢者医療係  
住所:光市中央六丁目1番1号
電話番号:0833-72-1428  
メールアドレス:shimin@city.hikari.lg.jp