本文へジャンプします。

  • サイトマップ
  • ご意見・お問い合わせ
  • 携帯サイト

ズームサイト

  • ホーム
  • 市民・くらし
  • 観光
  • 産業・事業
  • 市政情報
  • 組織から探す
  • よくある質問
  • 電話番号一覧

ホーム > ふぉとdeひかり > ふるさとの火祭り「周防柱松」

ここから本文です。

最終更新日:2016年8月26日

ふるさとの「火まつり」周防柱松

平成28年8月6日(土曜日)、周防柱松保存会(中村修一会長)により、周防地区の夏の風物詩「周防柱松」が開催されました。

江戸時代に疫病退散を祈ったことが始まりとされる柱松。

午後8時に火入れが始まり、ぐるぐる回した松明が先端の上戸に投げ入れられると観客から歓声が上がり、周辺はオレンジ色の

幻想的な世界に変わっていきました。

hashiramatu1

会場の旭橋周辺。周防地区の皆さんなど多くの人が集まり、火入れ

の時を待ちます。

hashiramatu3

創作銭太鼓の皆さんによる演奏。

 

 

 

 

 

hashiramatu5

静寂な暗闇の中、火入れ開始。周防小学校の児童がぐるぐる回した

松明を投げ入れます。

hashiramatu7

大人たちによる勇壮な火入れ。松明がぐるぐる回り、宙を舞います。

hashiramatu2

周防小学校の児童がジャグリングを披露。多彩な技に大きな拍手

が送られます。

hashiramatu4

火入れを待つ5本の柱松。子ども用1本(高さ

7メートル)、大人用4本(高さ16メートル)

hashiramatu6

子ども用の柱松に見事点火。先端の上戸が一気に燃え、花火が

上がります。

hashiramatu8

全ての柱松に点火。柱松から花火が上がり、会場周辺は火の粉が

照らす幻想的な世界に変わりました。

 

 

 

お問い合わせ先

政策企画部広報・シティプロモーション推進室広報・シティプロモーション推進係  
住所:光市中央六丁目1番1号
電話番号:0833-72-1409  
メールアドレス:kouhou@city.hikari.lg.jp