本文へジャンプします。

  • サイトマップ
  • ご意見・お問い合わせ
  • 携帯サイト

ズームサイト

  • ホーム
  • 市民・くらし
  • 観光
  • 産業・事業
  • 市政情報
  • 組織から探す
  • よくある質問
  • 電話番号一覧

ホーム > 組織から探す > 総務部入札監理課 > 公共工事設計労務単価及び設計業務委託等技術者単価の運用に係る特例措置について

ここから本文です。

最終更新日:2018年3月8日

公共工事設計労務単価及び設計業務委託等技術者の運用に係る特例措置について

公共工事設計労務単価及び設計業務委託等技術者の運用に係る特例措置

平成30年3月から適用する公共工事設計労務単価及び設計業務委託等技術者単価の運用に係る特例措置について

   以下の運用を参考にしてください。

 

公共工事設計労務単価等の運用に係る特例措置についてのお知らせ

   平成30年3月から適用する公共工事設計労務単価及び設計業務委託等技術者単価の運用に係る特例措置について(PDF:43KB)

 

提出様式等

   平成30年3月から適用する公共工事設計労務単価の運用に係る特例措置に基づく請負代金の額の変更の協議の請求(工事)(ワード:36KB)

   平成30年3月から適用する公共工事設計労務単価の運用に係る特例措置に基づく請負代金の額の変更の協議の請求(業務委託)(ワード:34KB)

 

 その他

    技能労働者への適切な賃金水準の確保に関するお願い(PDF:43KB)

 

インフレスライド条項の適用について

インフレスライド条項の適用 

        賃金等の急激な上昇に対処するため、インフレスライド条項(光市工事請負契約書第20条第6項)を運用します。

        インフレスライド条項の適用について

 

 

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ先

総務部入札監理課工事監理係  
住所:光市中央六丁目1番1号
電話番号:0833-72-1404  
メールアドレス:nyusatsukanri@city.hikari.lg.jp