本文へジャンプします。

  • サイトマップ
  • ご意見・お問い合わせ
  • 携帯サイト

ズームサイト

  • ホーム
  • 市民・くらし
  • 観光
  • 産業・事業
  • 市政情報
  • 組織から探す
  • よくある質問
  • 電話番号一覧

ホーム > 組織から探す > 施工体制台帳の作成等について

ここから本文です。

最終更新日:2015年4月10日

施工体制台帳の作成等について

入札監理課

 施工体制台帳の作成等について 

  施工体制台帳について、現行では下請契約の請負代金の総額が3,000万円(建築一式工事の場合は4,500万円)以上の工事について作成・提出義務が課せられていましたが、「公共工事の入札及び契約の適正化の促進に関する法律」の改正により、平成27年度から公共工事の下請契約を締結するときは、その金額にかかわらず、施工体制台帳を作成し、発注者へ提出することが義務付けられました。
  つきましては、光市が発注した建設工事において下請契約を締結した場合は、その金額にかかわらず、作成した施工体制台帳及び添付書類の写しを工事担当課に提出してください。
 
【参考】施工体制台帳、施工体系図等作成例(様式)

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ先

総務部入札監理課工事監理係  
住所:光市中央六丁目1番1号
電話番号:0833-72-1404  
メールアドレス:nyusatsukanri@city.hikari.lg.jp