本文へジャンプします。

  • サイトマップ
  • ご意見・お問い合わせ
  • 携帯サイト

ズームサイト

  • ホーム
  • 市民・くらし
  • 観光
  • 産業・事業
  • 市政情報
  • 組織から探す
  • よくある質問

ホーム > 『認知症』のチェックをしてみませんか?

ここから本文です。

最終更新日:2017年2月16日

認知症に関する施策について

 『認知症』のチェックをしてみませんか?

 認知症とは?

 認知症とは、脳の障害によって「記憶する」「時・場所・人などを認識する」「計算する」などの認知機能が低下し、日常生活を送ることが困難になる病気です。
  加齢に伴うもの忘れとは異なります。認知症1

◇ 何度も同じことを繰り返して話す                                                
◇ 知っている人や物の名前が思い出せない
◇ 物のしまい場所を忘れる
◇ 今、しようとしていることを忘れる

 こんなことがあったら、パソコンや携帯電話、スマートフォンで簡単に認知症チェックをしてみませんか?

 チェックシステムの種類

 「これって認知症?(家族・介護者向け)」:
20問の質問に答えて、身近な人の状態をチェックできます。
「わたしも認知症?(本人向け)」:
10問の質問に答えて、ご自身の状態をチェックできます。

 ☆パソコンの方はこちらからご利用ください。
認知症簡易チェックサイト
(外部ページにリンクします。新しいウィンドウが開きます)

 ☆携帯電話・スマートフォンでQRコード対応の機種をお持ちの方は、こちらのQRコードをご利用ください。

  認知症2

  結果と一緒に相談先のリストも表示されます。
気になることがありましたら、お気軽にご相談ください。

 ご利用にあたって

 ・利用料は無料です(通信料は自己負担となります)。
・匿名で利用できます。
・質問項目に入力後、送信すると結果が表示されます。
・自己診断をするもので、医学的診断をするものではありません。
・結果に関わらず、ご心配のある方はお早めにご相談ください。

 

  『認知症情報ガイドブック(光市認知症ケアパス)』を活用ください

 『認知症情報ガイドブック(光市認知症ケアパス)』とは?

  現在、高齢者の4人に1人が、認知症またはその予備軍の可能性があると言われ、今後も増加が見込まれています。認知症になったら、何もわからない、できなくなるということではありません。周囲の人たちの適切なサポートがあれば、社会の一員として生活していくことができます。

 認知症の人が、できる限り住み慣れた地域で安心して暮らし続けられるよう、『認知症情報ガイドブック(光市認知症ケアパス)』を作成しました。認知症の予防から医療・介護・福祉及び権利擁護に関する情報を得ることで、認知症の人やその介護者が適切な支援を受けることのできる「手引書」として活用ください。

 このガイドブックは、認知症の人とその家族の人(★のある内容)、認知症の人とその家族を支援する人(◎のある内容)、認知症について知識を得たい人(◆のある内容)で構成しています。

   『認知症ガイドブック(光市認知症ガイドブック)』

       『全体』(PDF:12,342KB)

    <分割版>

   『表紙、はじめに、目次』(PDF:846KB)

   『認知症について理解しましょう◆』(PDF:1,568KB)

   『もの忘れのチェックをしてみましょう◆』(PDF:578KB)

   『認知症の状態と生活上のポイントを確認しましょう★』(PDF:1,217KB)

   『認知症状のある人への対応方法を知りましょう★』(PDF:1,420KB)

   『支援サービス一覧表で確認しましょう★◎◆』(PDF:823KB)

   『サービスや社会資源を知りましょう★◎◆』(PDF:4,198KB)

   『資料◎◆』(PDF:1,148KB)

   『参考★』(PDF:543KB)

 

 『ひかり見守りネット』のご案内

 『ひかり見守りネット』とは?

 現在、高齢者の4人に1人が、認知症またはその予備軍の可能性があると言われ、今後も増加が見込まれています。認知症によって起こる行動として、場所や時間の見当がつかなくなり、自宅に帰れなくなることがあり、最悪、生命の危機にさらされる可能性も生じてきます。危険を未然に防ぎ、早期発見・保護に努めることで“認知症になっても安心して暮らせるまち光”を実現するため、みんなで温かく見守り、困っているときにはサポートするネットワークです。

  『ひかり見守りネット』のリーフレット(PDF:778KB)

 

 『ひかり見守りネット』のしくみ

 

 フロー1

 1、徘徊の可能性がある高齢者の氏名、住所、写真、その他の特徴などの情報を地域包括支援センターへ登録します。

 

 2、登録情報は地域包括支援センター、警察署、民生委員児童委員、在宅介護支援センター、社会福祉協議会が保管・共有し、日頃の見守りに活用します。

 

 3、徘徊等により行方不明が発生したときは、協力機関への協力依頼、また、状況に応じて光市メール配信サービスと防災行政無線を利用して地域にも協力を呼びかけ、高齢者の早期発見に努めます。

    

 

 

 

 登録方法のご案内

 「ひかり見守りネット登録申請書」に必要事項を記入の上、登録したい人の顔写真を添付して地域包括支援センターへ提出してください。申請書は地域包括支援センターの窓口、又は、下記よりダウンロードできます。なお、登録内容に変更がある場合は「ひかり見守りネット利用変更届出書」を提出してください。

  ●関連様式のダウンロードはこちら

  「ひかり見守りネット登録申請書」(PDF:44KB)     

  「ひかり見守りネット利用変更届出書」(PDF:22KB)

 

 地域の力で認知症高齢者を守りましょう

 普段から高齢者と接点のある地域の皆様が、日常の関わりの中で「いつもと違うな?変だな?」と感じる小さな気づきが大切な生命を守ることにつながります。不安そうにしている人や見守りグッズ(※下記参照)を身につけている人を見掛けたら、声をかけるなど地域で温かく見守り支えていきましょう。また、対応が困難な場合には地域包括支援センターまたは光警察署へご連絡お願いします。

 見守りグッズ

 『見守りグッズ』

 ひかり見守りネットに登録された方には、キーホルダーとミサンガをお配りします。徘徊で保護されたときだけでなく、病気で倒れたときなどにキーホルダーについた番号で身元確認ができます。日頃手にされるカバンや杖などにつけてください。

 

 

 

 『ひかり見守りネット』にご協力をお願いします

 光市メール配信サービス(*交通防犯・消費生活情報等)にご登録をいただくと、行方不明者が発生した場合にその方の身体的な特徴等を情報提供させていただきます。協力をしていただける方が一人でも増えることが見守りにつながります。行方不明者に関して、心当たりのある方は光警察署生活安全課(0833-72-0110)まで連絡をお願いします。

 ●光市メール配信サービス登録はこちらからお願いします。(登録画面へリンク)                                                                       メールサービスのメニューのうち、「交通防犯・消費生活情報等」に登録をいただいた方に情報提供をさせていただきます。                                                                       

 

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ先

福祉保健部高齢者支援課地域包括支援係  
住所:光市光井二丁目2番1号
電話番号:0833-74-3002  
メールアドレス:houkatsu@city.hikari.lg.jp